活弁士の時間

先日川口にオープンしたばかりの「メディアセブン」でのイベント『活弁士が魅せる!3大コメディ映画会』にて、若手活弁士の坂本頼光さんの

  • チャップリンの冒険 / チャールズ・チャップリン
  • 豪勇ロイド / フレッド・メイヤー
  • キートンのセブンチャンス / バスター・キートン

を見たのですが、これがかなり面白かったのです。ちなみに活弁初体験でした。

映画には音が付いている。
そんな当たり前のことが当たり前でなかった時代。
日本にはこんなエンターテイメントがありました。

まず会場に見えての第一声の通りからして全然違うわけですが、その後映画が始るともう頼光さんの独壇場。といってもその語りが映画自体の魅力を損なうわけではもちろんなくて、どの人物も「坂本頼光」そのものなんだけど同時にそれはチャップリンであり、看守であり髭の紳士でもあるのです。その活弁というスキルに引き込まれてのあっという間の2時間でした。エンターテインメントとしての歴史の長さがなせる完成度にも唸らせられました。

坂本頼光さんによる「豪勇ロイド」は7月29日に新宿ゴールデン街でも見ることが出来ます。

『弁士・坂本頼光小劇場』

【日時】
7月29日(土)1回目/開演14:00~ 2回目/開演18:00~
【会場】
新宿ゴールデン劇場(新宿区歌舞伎町1-1-7)
新宿ゴールデン街内花園三番街(花園神社裏手)

詳しくは Yahoo!ブログ – 活弁士の分家 のお知らせを御覧ください。

Similar Posts:

    None Found

Leave a Reply