新国家「ユーゴ」を目指す運動

YOMIURI ON-LINE / 国際

ユーゴ“再興”の夢、セルビア男性が新国家建設運動

 「昔は、民族名をお互い聞いたことなどなかった。今でも自分を『ユーゴ人』とする人は旧ユーゴで数百万人おり、これらの人々を再結集したい」とガブリッチさん。

 昨年5月、自宅の敷地3・5ヘクタールを“新国家”「ユーゴ」のために開放、記念式典を開いた。国歌、国旗を制定するとともに、市民権登録を開始した。同式典には、コシュトゥニツァ元ユーゴ大統領ら約1万人が参加、人々の関心の高さを示した。

 新国家の敷地内では、旧ユーゴの国土を“再現”する試みが続けられている。敷地の西端には、旧ユーゴ最高峰だったトリグラブ山を造成、アドリア海を想定してプールも建設中だ。敷地内には約1万本の木の苗を植樹、レクリエーションの場として多くの人々に利用してもらう予定だ。

民族的な問題、亀裂、そして再統合...自分にはそういう問題に対して調べたり、考えたりはできても、リアリティは実際どうしても持てない。再興がいいのかどうかもわからない。
けれど、このガブリッチさんのやっていることは、ちょっと「現代美術」っぽくて、少しピンと来るところがある。”シミュレーション”とか。彼の思いはもっと切実なんだろうけれど。

< この記事は以前"Web of Activities"に書いたものです。 >

Similar Posts:

    None Found

Leave a Reply