莫干山路50号

m50-01-thumb.jpg

m50-02-thumb.jpgモガンシャンルー 50号と読みます。通称M50。上海大学美術学院のクリエイティブ・センターや工房、アトリエ、そしてコマーシャル・ギャラリーなどが密集したエリア。この中だけでギャラリーは20〜30くらいありそう(蜷川実花の写真展などもやっていた)。古い建物の住宅地をリノベーション?して活用、公開しているので美術好きでなくてもきっと楽しめる。

m50-04.jpg

『INVOLVED』 @ H Space ShanghART

m50-05-thumb.jpg曽根裕やリュック・タイマンス、ミロスワフ・バフカ(ポーランド)など馴染みのある作家の展覧会。実は最初に行った日が休廊日(月曜)だったため、次の日に再度足を運んだのだが、価値はあったように思う。スペースも十分に広く、それぞれの作品もゆっくり見ることが出来た。中央は曽根裕の作品。リュック・タイマンスとミロスワフ・バフカがスクラッチ(文字通り、実際に引っ掻いた)したレコードなどもあった。

m50-03-thumb.jpgアクセスは上海火車駅からが一番近いけれど、川を挟んでいるせいで結構歩くので、素直にタクシーで行ったほうがもいいかもしれない。ただこの駅は列車で上海に入る玄関なので、周りを少し歩いてみるのも面白いかと。

今回、短い時間の中で上海ビエンナーレとこのエリアを見ただけではあったが、それでも上海の美術熱のほんの少しは体感できた気はする。中国の作家の作品にも現代的な面白いものはたくさんあった。ただ大多数の絵画作品はまだ転換期なのかなというのが正直な感想。一昔前の中国の油彩というと超絶リアルな描写が思い浮かぶが、そこからの脱却を図っているのかどこかで見たような作風のものが多いようにも感じた。

Similar Posts:

    None Found

4 Responses to “莫干山路50号”

  1. takenobu

    ご無沙汰です。
    ここ、昔大学時代に行きましたよー。
    面白いところですね。

    あと、昔一緒に作ったデザインまで作ったイベリコ、みたいなサイト、ポコポコ出てきていますね。
    演劇ライフ、とか、ATND、とかとか。
    五反田の刀削麺は絶対こんど食べにいきましょう!

    返信
  2. Kei

    おひさしぶり。
    日の目を見なかったイベリコ… 結構気に入ってたんだけどね。
    刀削麺は一度本店に吸収されて、うーん…になったけど、今は復活してまたおいしくなったよ。

    返信
  3. AKAIKE

    ポーランドに行ってるかと思ったら上海。先週北京からハンリーさんが来ていた。お土産はマオタイ酒。中国では偽物が横行しているので日本で買ったとのこと。

    i knowなどおもしろいサイトの紹介が気に入ってます。まあ、また!

    返信
  4. Kei

    こんばんは。
    ポーランドの冬はとても寒いらしいです。行きたいんですが、まだかかりそう。

    では、また!

    返信

Leave a Reply to takenobu

返信をキャンセルする。