ソンタグとムーアの『ゆきゆきて、神軍』

ゆきゆきて、神軍

原一男監督
・「ゆきゆきて、神軍 (1987)」
これは前にも書いてたんだけど、スーザン・ソンタグとマイケル・ムーアがふれていたので無視できないくらい興味を持ってしまって購入。奥崎謙三!こういう人って本当にいるのだ。もちろん日本だけじゃない。アメリカのトップにもでかい面して居座って人を殺すのをなんとも思わない奴がいる。どこかからだも頭も構造が違うとしか思えない。奥崎謙三の全く出所のわからない自信と行動力は反吐が出るほどすごいものだ。そしてその強さで忘れてしまうけど、これをずっと撮り続けた原一男監督もまた並大抵の人ではない。

Similar Posts:

    None Found

One Response to “ソンタグとムーアの『ゆきゆきて、神軍』”

  1. Stolen Moments / A Different Design

    スーザン・ソンタグの選ぶ日本映画
    REAL TOKYOから黒澤ライカさんのスーザン・ソンタグ講演のレポートを少し。以下はそこからの引用。 from New York スーザン・ソンタグが選ぶ「何度でも見たい日本映画8本」 文:黒澤ライカ 〓 こうした内的ジレンマを静かな語り口で鋭く描いた映画は、最近の日本映画には…

    返信

Leave a Reply