旧ユーゴスラビア出身監督の映画

パパは、出張中!OTAC N'A SLUZBENOM PUTU アンダーグラウンドUNDERGROUND パーフェクト・サークルLE CERCLE PARFAIT

ここ最近、旧ユーゴスラビア関係の映画を立て続けに見ていました。旧ユーゴスラビアに興味を持ち出したのは今年の初めからということ、メジャーでないのでDVDもビデオも見つけにくく、そんなに見ることがついこの間までできなかったが、最近になって送ればせながら”Amazon.co.jp“によりオンラインで簡単にサーチ&ゲットし、その便利さにいまさらお世話になっている。

エミール・クストリッツァ監督『パパは、出張中! OTAC N’A SLUZBENOM PUTU(1985年)』、『アンダーグラウンド UNDERGROUND(1995年)』、アデミル・ケノヴィッチ監督『パーフェクト・サークル LE CERCLE PARFAIT(1997年)』といったところ。すでに見ていて、多分ここにも書いた、『ノー・マンズ・ランド』、『ウェルカム・トゥ・サラエボ』も含めて、ボスニア・ユーゴスラビアを扱っている映画は殆どが高いクオリティとその悲しい事実から有無を言わさぬ静かな説得力を放っている。

作為的な演出が過ぎ、鼻につく『ウェルカム・トゥ・サラエボ』以外は一般の映画ファンにはあまり知られていないだろう監督の手によるものだが、どれも戦争というテーマ、(自分たちの手によって)失われた母国への思い、そして悲惨な状況だからこそよりどころとなるユーモアに驚くべきセンス・構成力と輝きを感じずにはいられない。(ちなみに『ウェルカム・トゥ・サラエボ』はユーゴと何のつながりもないマイケル・ウィンターボトム監督)

これは他人事ではない問題でもあって、なぜマイケル・ウィンターボトムが面白くないかというのは、今年からサラエボでプロジェクト・制作を開始した僕自身にも降りかかってくる。当事者でないものはどうしてもよそ者に過ぎないのか?説得力、イメージの喚起力を持ち得ないのか?そんなことも考えたりもする。それでも気になってしまうサラエボにはどこか魅力があるんだろう、やっぱり。

Similar Posts:

    None Found

3 Responses to “旧ユーゴスラビア出身監督の映画”

  1. Web Of Activities

    パーフェクトサークル
    パーフェクトサークル 人々が生き抜くことに必死になっている時に、この男は逃げられるのに逃げず、自分が首をくくって死ぬ白日夢にとりつかれている。家族が国外に亡命するとき彼だけが残ったのは、彼が生きることを放棄したからかもしれない。ところがそんな彼も、いざ…

    返信
  2. Web Of Activities

    パパは出張中
    Mach mal Pause? –CINEMATHEK–パパは、出張中 パパは、出張中 Otac Na Sluzbenom Putu 1985年 ユーゴスラヴィア 監督:エミール・クストリツッア 出演:モレノ・デバルトリ ミキ・マノイロヴィチ ミリャナ・カラノヴィチ 政治的に加速していく時代の中でただ普通の感覚…

    返信
  3. Web Of Activities

    アンダーグラウンド
    1997MFF作品案内:アンダーグラウンド アンダーグラウンド エース ピクチャーズ配給 仏=独=ハンガリー(1995) UNDERGROUND (171min.) 『世代を超えてすべての反逆児におくる永遠の聖書』 二人の主人公、戦争の終結を知らされないまま何十年も地下で外界と接触を絶た…

    返信

Leave a Reply