ロイ・エアーズ熱、久しぶりに

coffy.jpg

久しぶりにレコード屋に寄ってみたら、店内を聴き覚えのある、ヴィブラホンの音が流れていた。プレイ中のところを見ると、「ROY AYERS / SEARCHIN live at Ronnie Scotto’s club ’90」というCD。ロイ・エアーズのライヴってもちろん行ったことないし、なんかしっぽりした感じで大人ぁなくらいにしか想像もできなかったけど、結構コール&レスポンスなんかもあって良かった。

ロイ・エアーズはヒップホップのサンプリングネタとして出会って、聞き出したわけなんだけど、最近は忘れてたなー。で、この盤にはロイ自身もその辺のことを取り入れていて、ヒップホップというかファンク臭が少しする。90年だから時代がそういう時代だったんだよね。トライブ・コールドクエスト(今でももちろん忘れてない!)が RAMP の”DAYLIGHT”を使ったり...

で、それを聴きながら、ロイ・エアーズを探してたら、「コフィ」のサントラが見つかったので思わず手にし、レジにて、そのライヴ盤と合わせて購入した次第。アナログでは持っているんだけど、最近は全然聴かないので。CDなら作業中もほっとけるしね。

Roy Ayers Ubiquity” ってそういえば、 最近IT業界ではやらせようとしている「ユビキタス」と一緒でした。

Similar Posts:

    None Found

Leave a Reply