あがた森魚/IMITATION GOLD

agata.jpg

イミテーション・ゴールド
これもどうでもいい人にはどうでもいい、だけど自分にはとても大切な一枚。あがた森魚が”音楽というものをロックというステイタスを前提として表現する以前のもの”と言う20世紀の誰でも知っている11曲を歌う。
星のフラメンコ、恋のバカンス、さらばシベリア鉄道、禁区、THE ROBOTS (KRAFTWERK)、白銀はまねくよ、サイレント・イブ、夜明けのうた、丘を越えて...
これを他人に聞かせたら、ふざけてるのかと聞かれた。あがた森魚がふざけてるわけないでしょ。

丘を越えて 会いに行こう
昨日の風が追い越すけど 歩いていこう

Similar Posts:

    None Found

Leave a Reply