FOAF作ってみました。

前から気になっていた”FOAF(Friend of a Friend)”をあちこち参照しながら作ってみた。ブログ&サイトのトップ及び、プロフィールのページのhead内とボタンアイコンにリンクを貼りました。と言っても、ただのメタデータなのでそのまま見ても味気ないものですが。

FOAFについての詳しい解説はこちら
 メタデータによる知人ネットワークの表現 / The Web KANZAKI

FOAF 作成サービス
 FOAF-a-Matic

実際に少し項目を増やしたりする上で、”RDF Validate”を得られず???となってましたが今は一応解決。

個人を特定するためのIDとしてメールアドレスを入力するのですが、その際、アドレスの前に”mailto:”を忘れずに入れます。これはソースとしてはそのままでなく、置き換えられるので一応スパムも大丈夫そうです。

また、”Friend of a Friend”という名の通り、自分の友人をどんどん記述していけるのですが、僕の周りには”foaf.rdf”として公開している人がいないのと、その人のメールアドレスを記述(必須ではないみたいだけれど)するので、今のところその記述は保留しています。

FOAFに入れられるデータはまだまだ沢山あるようなので、面白いもの見つけていじっていこうかな、という感じです。Going My Wayさんによると、ペットのFOAFを作ったり、今まで行ったことのある国を記述したりできるらしい。ちょっとわくわくする。

FOAFのマークかわいい。

Similar Posts:

    None Found

Leave a Reply