iBookのACアダプタ、R.I.P.

iBook のACアダプタがどうやら壊れたらしい。火花となんとも危険な音が出る。接触不良か埃のせいか、気持ち焦げた匂いがする。他に挿しても状況は変わらず、一瞬緑に点灯するが、すぐ消えるありさま。別のコンセントでもだめだ。......もうだめらしい......

このままでは充電もできないので、今のバッテリ残量を考えると身動きとれない。今は別のノートだからいいけど、奴には明後日午前中に必要な大事な大事なデータが入ってるので(しかもまだやらなくてはいけない作業あり)、明日中に対策を採らねば。せっかくの某保証もACが対象かわからないし、第一時間がないとなると、やっぱり買わないといけないのか...約1万円、痛い出費だ。

Similar Posts:

    None Found

2 Responses to “iBookのACアダプタ、R.I.P.”

  1. はす

    あの白いアダプタは危ない、私も以前同じ目にあいました。やはり次の日にヨドバシカメラでBIRD社B POWERという名のアダプタを7,000円で買うことになりまして手痛い出費になりました。
    たしか箱には“2つめの電源アダプター”と書かれてます。

    返信
  2. Kei

    これから東京砂漠に帰るので、参考にします。あのバッテリの、差し替えられるコネクタの部分だけの問題だったらいいなー、と思ったりしてるんだけど、やっぱりだめなんだろうね。

    昨日の夜、いろいろサードパーティの電源アダプタも調べたんだけど、俺もそっちにするかも。アプル純正にこだわりないし。

    返信

Leave a Reply