魔法の板カプラ講習

魔法の板カプラ
年齢を超え、ひとりでも大勢で遊べて、自由な形を表現できる。

kapla01.jpgkapla02.jpg
kapla03.jpgkapla04.jpg

iPs presents KAPLA 魔法の板
カプラというフランス生まれの積み木があります。ただ一つの形態しか持たない直方体の木の板です。その他だの積み木がほんのちょっとだけ載せ方、組み方に気を配ってやると、どんな有機的な形も手に入れることが出来ます。もちろん接着剤などは未使用。上の写真は大人5人(一人はカプラマスター富安さん、後は初心者)で作ってますが、もちろん子供でも相当面白いことが出来るのです。

なぜ我々がこんなことをやってるのか?どこが面白いのか?

ある構造を構成するモジュールの存在。そのモジュールのアフォーダンス。そこには「ただの積み木」以上の要素が含まれているわけです。
カプラの秘密は”1:3:15″という魔法の奇数比にあるのか、無塗装の木のサーフェスの抵抗か。

富安さんは、カプラを使って不登校児童たちへのワークショップなども行っているようです。こんな積み木がもっと幼稚園、保育園、小学校、児童養護施設等にあれば面白いはず。

さて、このカプラを4000ピース使ってアーティストとして何かを作ってみます。それはまた今度レポートします。お楽しみに。

Similar Posts:

Leave a Reply