IEのシェア、ついに90%台を割り込む

久しぶりにニュースから拾ってみます。CSSレンダリングのいい加減さが使わない最大の理由です。大体MacのExplorerは5.5から全くバージョンアップしないし、Microsoftももう開発を中止しているので、OS9の人はともかくとしてOSXの人は切り替えた方が確実にブラウジングがスムースになるんではないでしょうか。

Safari は文字コードの問題よりももっと気になるのは、コピー&ペーストがきちんとできない(場合がある)という点。Web上の情報を利用したいユーザーにとっては早急にどうにかして欲しい点。でも、結局Macではスムースに動くので使ってるわけですが。

Similar Posts:

    None Found

2 Responses to “IEのシェア、ついに90%台を割り込む”

  1. shunbo

    IEは論外として、
    (何でみんな使ってるんだ!?)
    FirefoxってMacだと起動遅くない?
    SafariはJava Scriptの扱いがちょっと不満だけど、
    早くて快適だから、うちでもこっちがメインです。
    文字コードの問題は大体直ってるし、
    コピー&ペーストは気がつかなかったな。

    返信
  2. Kei

    確かにMacではFirefoxの起動がSafariより時間かかる。だからメインSafariから切り替えられない。”Web Developer”というExtension入れるとFirefoxがダントツに役に立つブラウザになるんだけどね。”Google Page Rank”も。

    そういえば一時期Operaも使ってたけどフル画面強要されたり広告うざいので、日本のサポートがライブドアに移る際に使わなくなった。

    返信

Leave a Reply