更新は ecto 頼り。

Desktop-Ecto

サラエボの一般家庭にネット環境はほとんど普及してないと思うが、CENTARと呼ばれる中心部には、ネットカフェはたくさんある。だいたい20分で1KM(70円弱くらい)で店によっては自分のノートからでもIPアドレスを入れてログインすることが出来る。回線は日本の環境に慣れてしまっているととても遅いけれど、とにかくここからでもネットに繋がる。

いま暮らしている家には電話すらないので、ブログを更新したり、メールを読んだりするにはCENTARまで行かないといけないのだが、その時に重宝するのがブログクライアントソフトの"ecto"。先のソウルでもサラエボでもブログは全部 ecto で書いて、オンラインになった時にまとめて更新している。試用期間を越えると有料になるけれど、ノートであちこちからブログを更新する人には手放せないソフトになるはず。mac版から始まったけれど、今ではWindows版もリリースされている。

del.icio.usやFlickr!、Technoratiとの連携もサポートしているし、タグ入力支援や、スタイルシートを適用したプレビュー、複数ブログの管理と言った基本的な部分もアップデートを重ねるたびに使いやすくなってきている。もちろんMovableTypeだけでなく、WordPress、Nucleus、Textpattern、Typepadなどにも使える。

日本にいるとオンラインが当たり前で、ネット環境にいるのがとても受動的に感じることがよくあるけれど、こっちではとても能動的だ。ネットに繋げるためにバスに乗って15分、さらに歩いて10分。バッテリーの残量を気にしながら、インターネットに加わるというのもたまにはいいのかも知れない。

Similar Posts:

    None Found

Leave a Reply