バックアップはどこまで?いつまで?

ここのところ体調がすこぶる悪い。病気ということもなさそうだけど、何を食べてもすぐ気持ち悪くなるので、食欲がまるでない。それでいて睡眠時間もいい加減なので、ついに不摂生がたたり、昨日丸一日布団から出られないくらい寝込んでしまった。とりあえず今は大分良くなり、たまっている仕事ができそうだ。

その寝込む前、どうしても必要なデータがどこに行ったかなかなか見つからないので、家中本格的に捜索をしたのだけど、すると次から次へとCD-Rが出て来るのです。たぶん、そういう人おおいと思うのですが。大体CD-Rはどこまで、いつまでとっておけばいいのでしょうか?

作業の途中の段階のもの、後で他のデータとまとめてもう一回焼いたもの、既に用済みのもの、ハードディスクに同じデータがあるもの、データとしては恐らくもう価値のないもの、雑誌の付録…

「バックアップ」という意味では必要なデータは現在メインで使っているPCの他に、外付けハードディスクだったり、CD-RやDVDに別に保管しておく必要があるし、また実際その外部メディアのデータだってそんなに安心ではないわけです。ハードディスクやUSBだったら電気的なショックで飛びかねないし、CD、DVDだって何十年と考えたら紫外線などでの経年的な劣化はきっとあるだろうし。そしてやっぱり一番は、「必要な時に見つからない」というのが怖いわけです。
いらないCDを整理できればいいのだけれど、じゃあ何がいらないか、どこからがいらないかとなると話がもうぐるぐる回ってて…

やっぱりそのうち本気で大整理をしないといけないな。

Similar Posts:

    None Found

Leave a Reply