iBook故障→入院一ヶ月

名古屋に行く二日前、マイiBookG4が壊れた。これからプレゼンテーションをしないといけないという時にである。もちろん他にも作業途中、製作途中のデータが多々ある。あまりに突然でなんと言うか、なにも感じなかった(と書くと失恋みたいだな…)。

まず、起動しない。ファンが同じ速度でずーっと回っているだけで、薄いモバイル扇風機と化している。そして運よく起ち上がっても途中で画面がブラックアウトし、正常に終了させることはおろか何も出来ない。仕方ないので、電源とバッテリーを抜くのみだ。

という事で、アップルストア銀座へ。ロジックボードの故障の可能性。4,5日くらいで4,5万円。何世代か前のiBookの修理に4,5万も出せるわけがない。そこで有楽町ソフマップへ。実はソフマップでの購入時に独自保証のワランティをつけていたのだ。おかげで無償修理なのだけれど、一ヶ月はかかるという…

ついてないといえばついてないだけなのかもしれないけれど、大事な時に壊れるものに対して、正直もう信頼感は持てない。といっても、フォントや自分の周りの環境的に脱マックもできないし。というか当面の作業をどうしよう?困った…

昨日(11/25)、Appleからソフマップ経由で連絡あり。
内容はスクリーンに貼っていたノングレア処理の保護シート(写りこみ低減)を剥がして破棄していいかという確認。治るならもちろん構わない。
ひょっとしたら思ったより早く戻ってくるかも(少し期待)。

12/8 無事修理されて生還してきました。

Similar Posts:

    None Found

Leave a Reply