理想の所在

先週末の土日、芸大取手校地にて大学院修了制作内覧会(油画2研・壁画研究室)がありました。あまり宣伝していないにも関わらず、お越しくださったみなさまどうもありがとうございました。

ついに理想の在りかが分かりました。

Ideal

芸大取手校地内に架かる橋の手前の薮の中、その「理想」の石碑は変わらずに佇んでいるのです。

取手リゾート

自分が芸大に入学して「インスタレーション」ということに初めて取り組んだと言える作品「取手リゾート」はここで展開されたものです。この理想の石碑が、ある人の手によるものということもありここでイットキのリゾートライフを送るのには、事務の冷たい視線を感じたものでした。12月の取手のテント生活が寒かったのは気温のせいだけではありません。ここに架かる橋を「泪橋」と名付けたのは僕です。ハンモックを持っていった人!返してください!

6年の学生生活を修了する今、そのスタートである6年前。自分の中で変わってきたことと、結局何も変わらなかったことの両方を考えながら、その前を通り過ぎたのです。

ちなみに、Googleマップ(ローカル)上にピンとフキダシを立てたURLを得る方法はこちら。

好きな場所に好きなテキストを付けれるので、待ち合わせ場所をメールする時や、案内をする時などに結構使えます。

Similar Posts:

    None Found

Leave a Reply