MAXWELL MTV UNPLUGGED

MAXWELL MTV UNPLUGGED EP

ちょうど今月の”FLAVOR OF THE MONTH”に挙げてみた「MAXWELL MTV UNPLUGGED EP」について触れている方をMyblog Japanにて発見したので、ちょっと書いてみます。

KITBAG

MAXWELL はちょうどD’ANGELOやエリック・ベネイ(デビュー当時の平井堅が彼にそっくりだった。)、エリカ・バドゥと近い時期にデビューし、生楽器を積極的に取り入れたり、またヒップホップのサンプリング的な発想をも先人へのリスペクトと同時代的なクリエイティビティとして有効に使っていました。彼らはメディアからは”ニュー・クラシック・ソウル”という括りに入れられたりもしました。もちろんクラブでかけられる、スウィート&ビターなレコードとしても重宝されたのですが、その音楽性がダイレクトに、あるいは意外性をもって聴けるのがライブ、そしてライブ盤だったのです。ちなみにMAXWELLにはSADEの中心メンバーであるStuart Mathewmanが重要な役割を担っていましたので、SADE好きな人なら嫌いじゃないと思います。

という解説はとりあえず置いて、僕にとってこのアルバムが忘れられないのは5、6年前の傷心の自分がずっと聴いていたから。MAXWELLの妖しいスウィートなファルセットとオリジナルアルバム以上にロマンティックなこの盤にずっと浸っていた。完全にネガティブな自分が東京でもロンドンでも聴いていたのがこれでした。ケイト・ブッシュのカバー「THIS WOMAN’S WORK」、「WHENEVER WHEREVER WHATEVER」とか。今はもうそんなセンチメンタルな気分でじゃなく、もっとオープンにこのアルバム聴けるようになりましたけれど。

ロマンティックでナルシストな貴方にオススメ。シルキーな夜のおともに。

Similar Posts:

    None Found

2 Responses to “MAXWELL MTV UNPLUGGED”

  1. KITBAG

    Maxwell “MTV Unpluged”
    部屋整理してて見つけました。 もう12月後半のテーマアルバム! 電車でも、車でもどこでも聞いてます。 マックスウェルを最近聞いてる人は 少ないかもしれませんがオススメです。 やっぱり冬なんですよね、イメージが。 CDを整理してると 「こんなのあったかぁ?」って…

    返信
  2. NOEL-KIT

    Flavor of the Monthかなりイイですね!
    これ見て、久々にジミヘン聞いちゃいました。
    そういえば、ハサウェイのライブ盤って修正箇所があるんですよね!そんなことも思い出しましたぁ?。
    また遊びに来ます。

    返信

Leave a Reply