時間とツール、身体

Screens

もちろんサラエボには東急ハンズも世界堂もヨドバシカメラもキンコーズもない。ジョイフル本田もない。ただ、時間と場所と自分の身体はある。

東京にいると便利なことはたくさんあるが、余計なものも多すぎて時間は案外無駄に過ぎていく。サラエボに慣れてしまった今では変に緊張することもなく、ただ時間をゆっくり、そして時々は早く感じることができる。

作品を考えるにも作るにも、本当は場所と身体と時間だけあればいいのかも知れない。

あとは、食べられる何か、か。

Similar Posts:

    None Found

Leave a Reply