Party at Empty House

Empty-Party01

参加メンバー同士はもちろん、ボスニアのアーティストや近所の人たちとうまくコミュニケーションをとるためにパーティが欠かせません。一昨日も昨日もパーティです。

Empty-Party02今年の Exhibit Space の一つである、通称"Empty House"の近隣の人たちへのご挨拶。引っ越しBBQです。ここは名前通り、家の骨組みだけあって、中身が一切ありません。ここに電気を引いたりして展示会場を作っていきます。

Empty-Party03今回はこっちの黒パン、白パン、ちょっと変わったソフトなバゲットに、ドライトマト、茄子、ズッキーニのオイルとビネガーに浸けたもの、ピクルス、オリーブ、アフヤールというパプリカのソース、サワークリーム、フェタチーズ。メンバーに結構ベジタリアンが多いのでこの辺を中心に、肉タリアンのために肉も焼きます。そして折り鶴をちょっと添える。

やっぱり屋外で食べるのはいい!

Similar Posts:

    None Found

3 Responses to “Party at Empty House”

  1. さぼてんつげ

    フェタチーズって濃厚だよね?
    おいしそうなPartyMenuだね。
    外で食べてる雰囲気がいい感じで
    伝わってくる。サラエボは遠いなぁ。

    返信
  2. Kei

    いやホント遠いです。
    でも回を重ねるたびに人が増えてきて、今ではボスニア人以外だけでも二十数人、で、こっちのアーティストグループと一緒にやってるのでわいわいしてます。

    昼はFuckin’ Hotですが、 夕方の外は気持ちいい。

    返信
  3. a slice of SICE

    オープニングパーティとSICE
    ボスニアという全く違う文化と習慣、食生活を持つ国、そして多くの制限のある場所であっても、「同じ釜の飯を食う」というのは大変有効です。SICEは今までも「食…

    返信

Leave a Reply to Kei

返信をキャンセルする。